【2021年3月ダイヤ改正廃止】JR東日本 廃止車両・列車まとめ

JR東日本
広告

JR東日本のダイヤ改正が2021年3月13日に行われます。その中で廃止となる列車や車両についてまとめした。

廃止列車

2021年春のダイヤ改正におけるJR東日本の廃止列車は「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」「おはよう信越」「らくらくトレイン信越」「らくらくトレイン村上」の6列車です。いわゆる座席定員制の「ホームライナー」が多数を占めていますが、JR東日本では今ダイヤ改正をもって「ホームライナー」が全廃となります。

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原

ダイヤ改正で定期運用のなくなる215系

185系・215系で運転されている「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー」が廃止となります。ダイヤ改正からは特急列車に格上げとなり、「湘南」として同区間で運転される予定です。

おはよう信越・らくらくトレイン信越・らくらくトレイン村上

らくらくトレイン村上に使用されるE653系

新潟地区のE653系で運転されている「おはよう信越」「らくらくトレイン信越」「らくらくトレイン村上」が廃止となります。「おはよう信越」「らくらくトレイン信越」はダイヤ改正から同区間を快速「信越」として運転します。新潟発村上行きの「らくらくトレイン村上」とその折り返しの快速列車(村上発新潟行き)は代替の列車も設定されず、廃止となります。

一部区間廃止(区間短縮)

2021年3月のダイヤ改正で一部区間が廃止となるのは「成田エクスプレス」「あかぎ」「スワローあかぎ」の3列車です。

成田エクスプレス(高尾~八王子 廃止)

高尾発着から八王子発着へ運転区間が短縮される成田エクスプレス

中央線高尾発着の「成田エクスプレス」は八王子発着へと変更されます。2019年3月までは富士急行線河口湖駅発着の列車がありましたので、2年間で大幅に運転区間を縮小することになります。

あかぎ・スワローあかぎ(高崎~前橋 廃止)

前橋発着から高崎発着へ運転区間が短縮されるあかぎ・スワローあかぎ

高崎線・上越線・両毛線を走る「あかぎ」「スワローあかぎ」は、前橋発着の列車の運転区間を短縮し、高崎発着となります。またダイヤ改正後は「スワローあかぎ」の全列車が北本・鴻巣に停車するようになり、これまで「あかぎ」と「スワローあかぎ」で異なっていた停車駅が統一されます。

使用車両の変更

2021年3月のダイヤ改正の中で最も重大なトピックスといえば、やはり185系の定期運用がなくなることではないでしょうか。185系を使用する列車の中でも特に代表的な列車であった「踊り子」から185系が撤退し、E257系による運転へと統一されます。前述の「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」からの撤退と合わせて、185系の定期運用が消滅します。

踊り子(185系→E257系に統一)

215系とともにダイヤ改正で定期運用のなくなる185系

いかがでしたでしょうか。2021年3月13日のダイヤ改正まで残りあとわずかとなりました。乗り逃しや撮り逃しのないよう、この記事を参考にしていただければ幸いです。

交通INFOは鉄道コムブログランキングに参加しています!応援してくださる方は1日1クリックをお願いします! 鉄道コム
JR東日本鉄道
広告
交通INFO

コメント

タイトルとURLをコピーしました