【JR北海道】2021年3月ダイヤ改正まとめ

JR北海道
広告

(情報提供:うなふぃすさん (@unafis_one)

JR北海道では、2021年3月にダイヤ改正を実施します。今回のダイヤ改正では18駅の廃止を筆頭に、運転形態の見直しや減便・減車が各路線で行われています。また、新型気動車H100形の運用が拡大します。

駅廃止

2021年3月のダイヤ改正では、18駅もの駅が廃止となります。路線の廃止を含まずに18駅が廃止になることは異例です。また、駅廃止以外にも、自治体に維持管理を移行する駅が18駅、無人となる駅が1駅があり、JR北海道の経営が非常に厳しいことを物語っています。

廃止となる駅は以下の通りです。

函館線1駅

駅名駅名(かな)所在地
伊納いのう旭川市

宗谷線12駅

駅名駅名(かな)所在地
南比布みなみぴっぷ比布町
北比布きたぴっぷ比布町
東六線ひがしろくせん剣淵町
北剣淵きたけんぶち剣淵町
下士別しもしべつ士別市
北星ほくせい名寄市
南美深みなみびふか美深町
紋穂内もんぼない美深町
豊清水とよしみず美深町
安牛やすうし幌延町
上幌延かみほろのべ幌延町
徳満とくみつ豊富町

石北線4駅

駅名駅名(かな)所在地
北日ノ出きたひので旭川市
将軍山しょうぐんざん当麻町
東雲とううん上川町
生野いくの遠軽町

釧網線1駅 

駅名駅名(かな)所在地
南斜里みなみしゃり斜里町

北海道新幹線関連

北海道新幹線関連では以下のダイヤ改正が行われます。

  • 東北新幹線上野~大宮駅間の最高速度引き上げに伴う一部列車所要時間の短縮(最大1分) 
  • 上記に関連して、はこだてライナーの時刻見直し(1分繰り上げ) 
新函館北斗駅に到着する北海道新幹線

在来線特急

在来線特急関連では以下のダイヤ改正が行われます。曜日運休や減便・減車が多く発生しています。

赤井川駅を通過する特急北斗

札幌~函館(北斗・すずらん) 

  •  最終の北斗1往復(23・24号)の運転取りやめ 
  •  それに伴う北斗22号・すずらん10号の時刻繰り下げ 
  •  北斗5・14号の閑散期の曜日運休(4・10・11月の水木、年間30日程度) 
  •  北斗はキハ261系・キハ281系共に基本7両→5両へ減車 ※多客期増結あり

札幌~旭川(カムイ) ※ライラックは変更なし 

  •  2往復を土休日運転に変更 
  •  9号・29号・28号・42号  

旭川~網走(大雪) 

  •  1~4号の閑散期の曜日運休(4・5・10・11月の火水木、年間50日程度) 
    ※オホーツクは変更なし 

旭川~稚内(サロベツ) 

  •  2号~3号の閑散期の曜日運休(4・5・10・11月の火水木、年間30日程度) 
    ※宗谷は変更なし 

札幌~釧路(おおぞら) 

  •  キハ261系・キハ283系共に基本6両→5両へ減車 ※多客期増結あり

 

在来線普通列車

普通列車関連では以下のダイヤ改正が行われます。こちらも曜日運休や減便・減車が多く発生しています。また、新型気動車H100形の運用が拡大します。

長万部駅に停車中のH100形(左)とキハ40形(右)

札幌都市圏

土休日運休 

  •  札幌~新千歳空港(快速エアポート)6本(朝2往復、夜1往復) 
  •  手稲~札幌~江別方面 5本(下り3本、上り2本) 
  •  学園都市線札幌~あいの里公園 2本(1往復) 

運転取りやめ

  •  札幌~手稲方面 3本(上り2本、下り1本) 
  •  札幌~千歳方面 4本(2往復) 

その他

  •  学園都市線 札幌~あいの里公園・石狩当別間の一部列車を北海道医療大学まで延長(10本) 

その他の地域 

室蘭本線 

  • 苫小牧~室蘭間の普通列車の約65%(43/66)をH100形で運転し、最大11分速達化
  • 東室蘭~長万部間の普通列車をすべて(20本)をH100形で運転し、最大11分速達化 

宗谷本線 

  • 旭川~名寄間の普通列車の約92%(34/37)をH100形で運転し、駅の廃止によるダイヤ調整と合わせて最大31分速達化 
  • 旭川での特急カムイ・ライラックの一部列車との接続改善
  • 旭川~比布 2本を運転取りやめ 

石北本線 

  • 旭川~上川間の普通列車の約8%(2/23)をH100形で運転し、駅の廃止によるダイヤ調整と合わせて最大7分速達化 
  • 遠軽~生田原 1本を運転取りやめ 

函館本線

  • 旭川~深川 1本を滝川行に延長 
  • 旭川~滝川 1本を運転取りやめ 

留萌本線 

  • 3本を運転取りやめ

根室本線

  • 滝川~新得 2本を運転取りやめ (接続となる東鹿越~新得間の代行バスも取りやめ) 
  • 新得~帯広 3本 (1往復を運転取りやめ、上り帯広発新得行1本を芽室行に短縮) 
  • ※上り帯広発新得行快速1本を普通列車に変更           
  • 帯広~釧路 1本 (下り厚内発釧路行を音別始発に短縮) 

新型コロナウイルスの影響などもあり、JR北海道の経営状況は非常に厳しいものとなっています。地域と連携しながら鉄道が存続していくことを望みます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました